スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング登録しました!
クリックしてくれると喜びの歌を歌います(謎)。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキング【ブログの殿堂】 

スポンサー広告

未来予測小説 2010

未来予測小説 2010
未来予測小説 2010
posted with amazlet on 07.05.31
高橋 朗
ナナコーポレートコミュニケーション (2005/06)
売り上げランキング: 166511
おすすめ度の平均: 4.0
4 人のコミュニケーションに着目した近未来小説 ネット社会の将来像は?
4 ドラッカー先生も推薦!?
5 未来のヒントが詰まった宝箱


2007年-59冊目
未来予測小説 2010

読んだ理由
未来について考えてみたいので。

読んだ感想
2005年の作品、つまり、実際に書かれたのは2004年頃だと思うのですが、高橋さんの予測能力に感嘆するばかりです。どうしたらこのような未来を予測できるのかと。その中で、「信」力という言葉には、はっとしました。

------------------------------------------------------------
ネットではちょっとしたことで知り合いになれる代わりに、その関係が定常化することはあまりない。

知の次の新たな価値観は、僕は「信」力だと思います。
つまり、自分が何かを信じる力であり、自分を信じてもらう力です。
これは、知があふれたことに対するカウンターです。
知があふれた結果、相反する知がたくさん存在するようになっています。
そのため、すべての知を信じることは、できないわけです。
だから、どの知を採用して、どの知を捨てるのかを、各自が判断することが求められるようになりました。
この判断を自分自身ですることができる人は、何も困らないし、たくさんある知から自分好みの知を選べるので、とても便利な世の中になったと感じているでしょう。
しかし、自分で判断できない人は、大いに悩み、迷っていることだと思います。
この後者の人が、解離性障害の人です。

「信」力が高い人は、特定の知を選択してそれを集中的に収集するようになるので、おのずと「知」力が高まります。
その結果、その「知」力を生かして、スペシャリストとして働くようになり、高い収入を確保しています。

GDPを上げることよりも、みんなが強い信念を持てるようにすることこそ、重要だと思います。
そして、そのためには、従来の「○○を学ぶ」という教育ではなく、「○○に学ぶ」という教育が必要となります。
「○○に学ぶ」ことは、誰にでもできます。
そして、「○○に学ぶ」は、先生に教えてもらうのではなく、自分が感じ取るということです。
だから、「○○に学ぶ」ためには、感受性を強める必要があります。

スタグフレーションと未来社会像が暗くなったことは、関係しているようである。経済の成長が止まるということは、去年よりも今年の方が、暮らしぶりが悪くなる。そうなれば当然、今年よりも来年はもっと悪くなると考えるのが普通だろう。つまり、未来は今よりも悪いのだ。そのような状況が続けば、未来社会像が暗くなるのは必然の結果だ。

未来は暗いのだから、将来のために今努力することなど無駄だ。それよりも、少しでも明るい社会のうちに遊んでおいた方が得だろう。それに、未来が暗いのに、子供を産もうと考える人など少ないのが当然だ。意識的か無意識的かに関わらず、多くの人がそのように感じているだろう。
スポンサーサイト


ランキング登録しました!
クリックしてくれると喜びの歌を歌います(謎)。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキング【ブログの殿堂】 

book

<< 5月31日 マーケットデータ | ハッピー探しの道TOP | 5月30日 マーケットデータ >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。