スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング登録しました!
クリックしてくれると喜びの歌を歌います(謎)。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキング【ブログの殿堂】 

スポンサー広告

僕は一生サラリーマンなのだろうか?

僕は一生サラリーマンなのだろうか?
高橋 朗
ナナコーポレートコミュニケーション (2005/11)
売り上げランキング: 131042
おすすめ度の平均: 4.0
4 主人公を忘れても、少し人生が変わった記憶が残る
5 良いきっかけになる本だと思います
3 子供のピュアな言葉で気づかされること


2007年-61冊目
僕は一生サラリーマンなのだろうか?

読んだ理由
タイトルが気になったので。

読んだ感想
本書はタイトルだけ見るとサラリーマンはだめと言っているようにも見受けますが、読んでみるとそんなことは書いていません。どちらかというと、自分の頭で考えて行動しよう、行動すると今まで見えなかったことが見えてくるという当たり前のことを、物語仕立てで教えてくれます。

------------------------------------------------------------
誰だって目標を決めて、それを実現するための計画を立てて、それを実行すれば、そうなるよ。


常識を知らないことはダメですが、常識を知っている上であえて常識通りに行動しないことが、個性的ということです。


非常識というのは、でたらめなことをやれということではありませんよ。自分の頭で考えたやり方をするということです。


自分の選択に自信があればいいけど、でも自信がなかった場合、あとで自分で責任を取らされる可能性が高いような気がするわよね。そうなると、自分で自分の行動を選択することは、危険だと考えるでしょう?で、自分で選択するのが危険だとなれば、誰か他の人に選択してもらおうと思うわ。その誰かは、自分よりも正しい選択をしてくれそうな相手でなければ意味がない。そして、自分よりも正しい選択をしてくれそうな相手の代表が、乗しきってものよ。だからみんな、常識を盲信しちゃうってことね。


積極的に自己責任を取れば、それだけで一歩リードできるってことだよ。自己責任を取るだけで、他の人よりも信頼とか自由とかが手に入れられるんだぞ。


自分が「やった方がいい」と思ったことを、何でもやってみればいいんだよ。


些細なことでも何かすれば必ず何らかの結果が出る。


自己責任を取るってというのは、自分の頭で考えて何かをするってことだ。そしてその結果について考えて、その次にすべきことを決める。


重要なのは、自分の頭で考えるということなんだよ。上司とか、有名人とか、マスコミとか、世間の人たちが言っていることとを鵜呑みにしないで、一旦自分で考えるべきなんだよ。その上で、それが正しいと思えば、それでいい。そうであればそれは、「誰かが言ってたこと」ではなくて、「自分の考え」になる。逆に、誰かが言っていることに対して間違っていると思う場合もある。その場合は、「それは間違っている」ということが、「自分の考え」になるんだよ。


答えを教えるのではなく、答えを考えさせるんだよ。たとえば、「こうしろ」って言うんじゃなくて、「どうしたら良いと思うか?」って質問するんだよ。それで、答えが出たら、その答えについて「なぜそう思うのか?」と質問する。で、その答えが出たら、さらにそれに対する「なぜ?」を繰り返す。トヨタ自動で社では、この「なぜ?」を五回繰り返すように指導している。
スポンサーサイト


ランキング登録しました!
クリックしてくれると喜びの歌を歌います(謎)。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキング【ブログの殿堂】 

book

<< 五感マーケティング | ハッピー探しの道TOP | 6月11日 マーケットデータ >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。