スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング登録しました!
クリックしてくれると喜びの歌を歌います(謎)。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキング【ブログの殿堂】 

スポンサー広告

営業はエンタメ

営業はエンタメ―銀座ママ麗子の成功の教えシリーズ
高橋 朗
ナナコーポレートコミュニケーション (2005/08)
売り上げランキング: 118316
おすすめ度の平均: 4.5
5 人間力アップにも!
4 今回も
4 マーケティングを自ら実践している本


2007年-75冊目
営業はエンタメ

読んだ理由
マーケティングに興味があるから。


ランキング登録しました!
クリックしてくれると喜びの歌を歌います(謎)。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキング【ブログの殿堂】 

読んだ感想
タイトルだけからは営業という仕事についての話のようにも見受けますが、非常に学ぶべき記載がありました。それは以下の4点です。

1.事前の準備
2.やらないことを選ぶ
3.すべては自分のため
4.偶然はチャンス

特に、やらないことを選ぶというのは非常に難しいです。たとえば、高額のセミナーに参加し、あまり効果を感じなかったとしても、元を取るためだからと無理して継続しようとしてしまうことがあります。しかし、本当に継続することが自分のためなのか?と自問自答すると、おそらく答えはNOでしょう。そう、意味のないことばかり継続しているのです。


------------------------------------------------------------
誠意というのは、余裕があってこそ表すことができるものだってことなんですね。余裕がない人というのは、誠意がない人と同じなんですね。自分の力を常にマックスまで使っていることは、誠意ではない。そして、余裕というのは、実力によって生み出されるものではないんですね。いくら実力があっても、それをマックスまで使っていては、余裕は生まれない。


余裕を生み出す源泉は、事前の準備ですよ。準備こそが、余裕を生み出すんです。そして、余裕が誠意を生み出す。準備は誰にでもできることです。実力など関係ない。要は、やるかやらないかだけの違いなのです。だから、準備を入念にやることこそが、誠意であるという言い方もできます。


人間ってのは、やることを選ぶよりも、やらないことを選ぶことの方が下手なんだよ。なぜなら、やらないよりやった方がいいことばかりだからだ。やった方がいいことを、あえてやらないと決断することは難しいだろう?しかし、その選択をしないと、かえって結果が悪くなることがあるんだよ。


誰かのためにやっていると考えるんじゃなくて、自分のためにやっていると考えることから始めてみて。


大切なのは、良い面を見るという姿勢。


偶然というものは、チャンスなのです。チャンスが巡ってきたことを、偶然と言うのです。チャンスは逃さず、活かしましょう。それが成功者と普通の人を、分けているのです。

スポンサーサイト

book

<< 7月4日 マーケットデータ | ハッピー探しの道TOP | 7月4日 現在のポジション >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。